地旅(じたび)

新しい旅のスタイル「地旅(じたび)」。 地域をテーマによって旅し、地元の食材や伝統を味わいます。

「地旅」とは・・・

地域ならではの着地型旅行で、テーマに沿って地域の魅力を伝えてもらうことのできる旅行です。

※「地旅」は(株)全旅の登録商標です

全国コンテストである「地旅大賞」にて、当社が大賞を受賞しました!

(株)全旅主催の全国コンテストである第2回地旅大賞において、当社のプランが137件の応募商品中1位の「大賞」を受賞することが決定しました!

※主催者ホームページ「全国の旅」 http://www.anta-net.com/

《00015》
「地旅大賞」受賞企画
こころの故郷 水辺、海辺の原風景を船とローカル電車で旅をする…

こころの故郷 水辺、海辺の原風景を船とローカル電車で旅をする…こころの故郷 水辺、海辺の原風景を船とローカル電車で旅をする…

江戸時代、舟運(しゅううん)で栄えた霞ヶ浦、利根川流域の潮来、小江戸佐原、太平洋に望む河口の街銚子へと80kmに及ぶ船の旅。

エリア

茨城県、千葉県

最小催行人数

30名

みどころ・ポイント

  • 江戸、明治、大正、昭和初期、舟運(しゅううん)で栄えた街々を土浦港から、霞ヶ浦、利根川流域を銚子桟橋まで80kmに渡り船で下りローカル電車に乗る。そして、商都の文化、歴史に浸りながら水辺、海辺の原風景の中を旅する。
  • 霞ヶ浦の原風景…真っ白い帆引き船が迎えてくれる。彼方に筑波山、湖岸のハス田、水草にたわむれる野鳥、さざ波の文様。
  • 潮来の原風景…ポプラの木が前川の水辺に映る。100万株のあやめが咲き競い(6月)、さっぱ舟が行き交う。
  • 利根川、水郷の原風景…葦の茂みの中から釣り人が糸を垂らす、周辺には四季それぞれの田園風景、まさに日本の原風景。
  • 銚子・外川の原風景…幾重にも港へ下る石畳から眺める外川の海辺。威勢の良い呼び声が聞こえてくるようだ。
  • 小江戸佐原の文化遺産…女船頭さん操る遊覧船が独特の文化をもつ小江戸佐原へ。江戸時代にタイムスリップしたような街並みを歩く。江戸時代農業水路として利用されたジャージャー橋(通称)の小野川への放水、さすが匠のなせる技、見事です。
  • 唄でつなぐこころの故郷交流…水辺、海辺の宿に宿泊。地域の人たちと唄い、踊る『銚子大漁節』による交流会。

行程表

エアポートトラベル株式会社